2008年07月17日

学生時代に感じた獣医師の仕事

「獣医」といえば犬猫を診療するだけだと思っていました。

実際は牛や馬などの産業動物(大動物)や

公衆衛生を専門とする獣医師がいることをはじめて知りました。

恥ずかしながら大学に入るまでは獣医師の仕事を

全然知りませんでした。


もっと驚いたことがあります。

何だ?この動物病院は?

と思ったことが…


学生時代にはいくつかの動物病院に実習をさせてもらいましたが、

どの病院も犬と猫だけを診察していました。

というよりも犬と猫しか来院していませんでした。

その動物病院は犬や猫は当たり前のこと、

ウサギは来るし、フェレットは来るし、ハリネズミまで来ていました。

本当に小さな動物を連れて、遠方の方から

わざわざいやっしゃる方もいました。

飼い主にとってはどんなに小さな動物でも

家族なんだなって思いました。

どんなに小さな動物でも、治療を必要とし、

治療することが可能なんだなと痛感しました。

そんなこんなで、その動物病院に勤務することに決めました。


【関連する記事】
posted by 鈴木慎一 at 12:40| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 獣医師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック