2008年08月09日

カメの病は飼育から

カメさんの飼い主の皆様!!

お家でカメを飼っている方は結構多いと思います。

ホームセンターで、ペットショップで見かけたカメを

ついつい衝動買いしてしまった飼い主様も多いと思います。

カメの仕草は愛らしく、人にもよくなつき、

今では大切な家族の一員になっているのではないでしょうか?

カメにはまっていろんなカメを飼っている方も多いと思います。

「カメの病は飼育から」

カメは他の飼育動物と比べて寿命が極めて長い動物です。

そんなことは皆さんもご存知のことでしょう。

ところが飼育してみると意外に難しいですね。

特に小さいうちから購入した子であれば、

はじめは元気だったのにだんだん食欲がなくなり、

動かなくなっちゃったなんてことはざらです。

理由は飼育の間違いです。


カメって飼育がすごく簡単なイメージがあるのでしょうね。

水槽に砂利引いて、水入れて、隠れ家と少し大きめの石さえ入れておけばなんて…

これはヌマガメに限ってですが。


とかく紫外線(日光浴)が無視されがちです。

毎日日光浴しているつもりでも紫外線が当たっていないケースがよくあります。

今の飼育方法に自信のない方がいらっしゃれば、

健康診断がてら病院に相談にいらしてください。


カメなんて…って思っている方いらっしゃいませんか?

カメって水の中で生活する動物だけではないんですよ。

進化によって爬虫類は水から出て生活できるようになったのです。

陸で生活するリクガメ、水際で生活するヌマガメ、いろんなカメがいます。

日本ではカメは水のイメージが強いですが…

時間があったらペットショップにのぞきに行ってみてください。

かわいいですよ。きっと欲しくなるはずです。


posted by 鈴木慎一 at 10:31| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エキゾチック動物医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック