2008年09月20日

なぜに今頃?「犬糸状虫症」なの?

先日「狂犬病の予防接種」にわんちゃんが来院しました。

ここまでは問題のない話ですが、実はこのわんちゃん

フィラリアの予防をしていませんでした。

性格上なかなか動物病院に連れて行けないということで、

(おとなしく車に乗れない、わんちゃん自体はすごくいい子でした)

飼い主様は「フィラリア症」について、十分ご存知でしたが

予防したくてもできなかったようです。

せっかくなのでと、検査をお勧めしたところ・・・

ミクロフィラリア.jpg

ミクロフィラリア陽性でした。

恐れていた通りフィラリアに感染していました。

ここ浜松でもフィラリア症は過去の病気ではありません。


ところで、涼しくなってきた今日この頃、

なぜいまフィラリア症についてかというと・・・

皆様は十分ご理解いただいていると思いますが、

犬糸状虫症(フィラリア症)の予防は、感染予防が目的

ではありません。



この寄生虫をもった蚊に刺された可能性が否定できないために、

月に一度、定期的にお薬(駆虫薬)を投与することにより

体に入ってきたかもしれない(感染)子虫を殺滅させること

が目的です。

すなわち、今日薬を飲ませたとすると、

さかのぼって1ヶ月間前の予防が完了したことに過ぎません。


これらもまだまだ蚊は出ます。


8月にあるいは9月の初めにお薬飲ませたから今年はもう大丈夫!!

なんて勘違いは決してせず、かかりつけの病院で指示された期間

予防しましょう。


せっかく予防してきたのに、この時期の投薬を忘れてしまうと

あとから悔やむことになるかもしれません。


もちろん今まで予防していなかった方も、

感染しているとは限りません。

今からでも遅くありませんので、検査・予防をお勧めいたします。


十分に気をつけてください。


※ハミング動物病院では、予防獣医学を推奨しております。

犬の性格やご家庭の都合で来院できない方は、

フィラリア予防での往診もいたします。



posted by 鈴木慎一 at 17:06| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬と猫の診療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック