2008年10月28日

ハムスターのお尻から何か出ています

「ハムスターのお尻から何か出ています」

との電話を受けました。どうも同居のハムちゃんとケンカしてケガをしてしまったようです。

ただ…よくよく聞いてみるとどうもただのケガではなさそうでしたので、来院を促しました。

案の定「脱腸」でした。

ハムスター脱腸.JPG

「脱腸」といっても「直腸脱」ではなく「腸重積を伴う小腸の脱出」です。

「腸重積」とは腸が腸を飲み込んでしまい、完全な閉塞を起こしてしまった状態です。

致死率の高い緊急疾患として早急な手術が必要です。

内科的な治療はほぼ不可能で、開腹手術による整復が必要です。

この子は腸の損傷・壊死が激しく、小腸の一部を切除し、繋ぐ手術が必要でした。

原因は主に重度の下痢症です。

ただでさえハムちゃんの下痢は発見が送れ、動物病院受診時に脱水症状を呈して、

危険な状態の子が多いのが現状です。

毎日床材を交換し、ケージを掃除することによりハムちゃんの日々の体調を把握することが可能です。

3,4日に1回あるいは週に位しか掃除しない方はいませんか?

心当たりのある方は、今日から始めてみてはいかがでしょうか?


posted by 鈴木慎一 at 11:16| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エキゾチック動物医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック