2008年12月09日

入院中のコーギーちゃん、院内でお散歩

前日より元気・食欲の不振、頻回の嘔吐で当院に受診されました。

会陰ヘルニアがあり、排便がないときは食べが悪いことはあったようです。

お腹をひどく痛がる様子があり、レントゲン検査では胃内に異物を疑う所見に加え、膀胱内に結石がありました。

バリウム造影検査を実施したところ、数時間たっても胃からバリウムが動く様子がなく、

緊急手術を行いました。


今日は少し落ち着いた様子で、ごはんも食べてくれますが・・・

もともと甘えが強いよい子のようで、スタッフにも甘えています。

本当は外でお散歩させてあげたいとこですが、あいにくの天候です。

ごはんちょうだい.JPG

状態が改善して何よりです。


ところで・・・

犬猫の診療をしているかどうかの問い合わせがありますが、

もちろん犬猫をはじめすべての動物を診療しておりますのでご心配いりません。

エキゾチック動物の診療経験は豊富ですが、もちろん犬猫の診療経験がはるかに多いことは言うまでもありません。


犬猫の医学については他の多くサイトで紹介されておりますので

本ブログでは情報の少ないエキゾチック動物医学について主に情報発信しております。

犬猫をはじめすべての動物の信頼をえられるホームドクターとなれることを願っております。


ラベル: 入院
posted by 鈴木慎一 at 19:05| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬と猫の診療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック