2009年01月19日

お口の健康「うちの子お口くさ〜い」

お家のワンちゃんネコちゃんのお口の臭いは気になりませんか?

口臭は歯周疾患が原因となっていることが少なくありません。

歯に歯石が付着していたり、歯肉が腫れて赤くなっていたりすることがあると思います。

歯石は細菌が固まったものであり、口臭や歯肉炎から始まりやがて歯周病、歯槽膿瘍へとつながる可能性があります。

場合によってはお口の細菌が血液を介して全身へ回り、菌血症や心内膜炎を起こしてしまうことさえあります。

歯石除去はお口の健康を維持するために不可欠です。

ワクチン接種やフィラリアの予防と同様に、予防獣医学の1つであると考えていただくといいでしょう。


かわいくて仕方がないお家のワンちゃんでさえも、お口が臭うために、スキンシップを拒んでいませんか?



お口がきれいになることによって、今まで以上に密接な関係が築けることは間違いないでしょう。

うちの子はまだそんなにひどくないから、もう少しひどくなってから処置しようと考えている方…

進行してからでは重度の歯肉炎を起こし、「歯石をとる」処置から

「歯を抜く」という処置になってしまうかもしれません。

お口の健康も「早期の処置」が何よりも重要です。

歯周疾患.JPG歯石除去.JPG
処置前と歯石除去後


もちろん普段のお手入れが一番重要なのは言うまでもありません。

※動物はお口を開けたまま我慢してくれませんので、歯石除去の際は全身麻酔が必要です。

歯みがき1.JPG歯みがき2.JPG

当院ではお迎えの際に歯みがきグッズをお渡しして、お家でのお手入れの仕方をご説明いたします。

詳しい処置内容・費用等はお問い合わせください。


posted by 鈴木慎一 at 19:21| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬と猫の診療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック