2009年02月03日

犬の気管虚脱

久しぶりですが、わんちゃんの「気管虚脱」という病気をご紹介いたします。

まずこのレントゲンをご覧ください。

頸部気管虚脱.JPG

頸から胸への入り口の気管が(黒く見えるところ)が一部細くなっているのがお分かりでしょうか?

気管の太さはどの部位も大きく変わらないのが普通です。

息を吐くときは問題ないのですが、吸気時(息を吸うとき)その部位で気管がつぶれてしまうため咳が出ることがあります。

頚部気管虚脱といいます。

逆に呼気時(息を吐くとき)に胸の中で気管がつぶれて、咳をする病気もあります。

この場合は胸部気管虚脱といいます。

実はこの子はまだ若いヨーキーです。

飼い主様は以前より咳を気にされていたようです。たまたま別件で行った健康診断で見つかりました。

病気といえども軽度な場合、治療は必要ありません。

激しい咳き込みや、呼吸困難になってしまう場合には治療を行います。


好発犬種はヨークシャー・テリア、ポメラニアン、マルチーズ、トイ・プードルなどです。


posted by 鈴木慎一 at 12:25| 静岡 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 犬と猫の診療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寝ている特呼吸がみだれ苦しそうに顔をあげ、頭を左右にふり横に倒れます、苦しそうに息を一生懸命にします。チアノーゼは現れていません。たまに空咳をしますが繰り返す事はありません。これが眠っている時だけで起きているときははあはあ言いますが呼吸困難はありません。こう言うのも器官虚脱なんでしょうか?以前から獣医さんに心雑音があるとは言われています
Posted by ジュンコ at 2009年07月13日 13:34
申し訳ありません。症状だけではわかりかねます。
詳しい問診の上、身体検査、臨床検査(レントゲン検査など)を行ったうえで診断しますので、かかりつけの先生の診断はいかがでしょうか?
Posted by ハミング動物病院 at 2009年07月13日 15:32
先週から左に傾きヨタヨタ歩き不安定な歩行があり受診しました、老犬によくある病気との事でステロイド注射を4日間打ち、プレドニゾロンと言う錠剤を3日目服薬しているところです。この病気にかかりだしてから呼吸困難な症状がでてきましたが、今日かかりつけの先生に、呼吸困難時の撮影した動画を持って話しだけ聞きにいきました。今回の病気とは関係ないといわれました、診察してみないと。失神したような画像でしたがあまり深刻に受け止めてくれなかったです。呼吸困難は睡眠時のみです…また寝るとなるのかと想うと心配です
Posted by ジュンコ at 2009年07月13日 23:00
気管虚脱について最近知りました。姉が飼っているチワワ♂(今月で1才)が最近興奮したりするとすぐガーガーというようなアヒルのような呼吸をします。見ていてすごく苦しそうだなといつも思ってます。これって薬などで治るものなんでしょうか。彼がいるのは離島でしかも獣医さんがいない島でして、病院にも連れて行ってあげたいのですが、なかなか行けません。本当に呼吸を困難にならないか心配です。
Posted by ラベンダー at 2009年08月24日 09:44
年齢、犬種、症状からおそらく「逆くしゃみ」ではないかと思います。チワワなどの短頭種(鼻の短い犬種)では興奮時そのようなことが起こります。
これであった場合は病気ではありません。しかしながら同じ症状が、5歳以上ではじめてみられるようになった場合は、鼻腔内の腫瘍や感染が考えられます。
Posted by ハミング動物病院 at 2009年08月24日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック