2009年02月16日

異所性睫毛

ちょっと変わった眼の病気「異所性睫毛」をご紹介します。

といっても要は…生まれつきまつげが変なところに生えているだけです。

異所性睫毛

この子の場合は外眼角の結膜から立派な被毛がたくさん生えていました。

この病気はなかなか見つけにくく、難治性(慢性)の角膜炎あるいは角膜潰瘍の原因だったりすることがあります。


ちなみにこの子はすごくいい子だったので点眼麻酔のみで、

毛の生えている結膜を切除し無事治療を終えました。


一方、「睫毛重生」いわゆる「逆まつげ」は多くのわんちゃんでごく普通に目にします。

逆まつげは脂性の涙を作る眼瞼(まぶた)のマイボーム腺の開口部から生えているものです。




posted by 鈴木慎一 at 15:36| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬と猫の診療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック