2011年07月02日

ケヅメリクガメの膀胱結石

リクガメさんの膀胱結石についてです。

膀胱結石はリクガメに多いのはご存知でしょうか?

写真の右真ん中くらいになんとなく白く見えるのが結石です。

ケヅメリクガメ膀胱結石.jpg

カメさんの結石は尿酸で、犬や猫で多くみられる

ストラバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム結石)や

シュウ酸カルシウム結石ではありません。


その原因は色々とありますが、ほとんどの場合は水分摂取の不足です。

水を飲ませていないということではなく。

生活環境を乾燥させてしまったり、湿度計を設置しておらず

乾燥していることに気づかなかったりです。

もちろんペレットフード(ドライフード)の多給、常食としていたりで

タンパク質の過剰摂取が原因のこともあります。


カメにも手術ができるんですか?

と驚きを隠せない方も多くいると思いますので、ちょっとだけですが写真をお見せいたします。

甲羅は骨ですので、骨用の電動のこぎりで切ります。

リクガメ開腹1.jpg

リクガメ開腹2.jpg

甲羅ももちろん元に戻します。

最近は田向先生(田園調布動物病院)式でパテで簡単に止めるだけですが・・・

治りが早いのを実感しています。

手術中は他の動物と同じように、心電図などをチェックして問題がないかを常に監視しています。

30分もすれば麻酔から覚めて、動き出します。

尿酸結石.jpg

こちらが取りだした結石です。1メモリが1pです。いかに大きいかお分かりでしょうか?
posted by 鈴木慎一 at 13:48| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エキゾチック動物医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。